定期的に歯科に通うことの必要性

歯科は他の病院とは異なっており、治療が終了したら今後は病院に通う必要がないというものではありません。むしろ定期的に通うことが望まれるものです。なぜ他の病院とは違って定期的に通う必要があるのでしょうか。その点について説明をします。

きちんとブラッシングを家でもすることが大切

歯科では医師が治療を行っていきますが、同時に患者さん側でも努力をしないといけない部分があります。それは正しくブラッシングを行っていくことです。毎日食事をしていると歯垢が歯に付着してしまいます。歯垢には虫歯菌が繁殖しているので、それをブラシで効果的に除去していかなければなりません。毎日虫歯の原因になる歯垢をブラシで除去しなければ虫歯になってしまいます。そのため患者さんはブラッシングを毎日きちんと行っていかなければならないのです。虫歯予防という点については、歯科医師がいくら治療を頑張ってもブラッシングがきちんとできてないと意味がないと言えます。ブラッシングは毎日行いますが、漠然とするのではなく、歯科で指導された正しい方法で実践していかなければなりません。

歯石の付着の有無を歯科でチェック

歯垢がそのままになっているといずれ歯石に変化していきます。歯石は虫歯の原因になりますが、同時に歯周病の原因にもなってしまいます。しかし歯石は自宅でいくらブラッシングをしても除去することはできません。ですから歯石を作らないようにしていく努力が必要です。歯石を作らないように、毎日のブラッシングで完全に歯垢を除去することが大切です。ただ自分では歯石がついているかどうかを自分でチェックすることはできません。これは歯科に行って、歯科医がチェックをしなければわからないものです。ですから虫歯になっていなくても定期的に歯科に通う必要があります。歯科に定期的に行くことで歯石がついていないかどうかを確認することができるのです。特に症状がなくても歯科に行く点では、他の診療科とは異なっている点でしょう。

歯科に行けば虫歯の有無をチェックできる

歯科に定期的に通う目的は、歯石のチェックだけではありません。歯科に行くのは虫歯の有無を確認するためでもあります。特に痛みなどがなくても歯科に行けば早い段階での虫歯を見つけることができます。虫歯が早い段階でわかれば大がかりな治療を歯科で行う必要がありません。削る歯も少なくて済みますし、また治療費も安く済ませることができます。歯科に定期的に行くことはメリットが多いのです。できるだけ頻繁に歯科に行くようにしたいものです。