予約がいっぱいの歯科は信頼できる?

img_2743_s

歯科によっては毎回の治療で予約が必要になる病院もあります。その中には予約だけでいっぱいで、なかなか通うことができない医院も存在しています。そういったところは信頼できるのでしょうか。それについてここで説明をしたいと思います。

予約をすることで待ち時間が少ない

歯科によって治療を受けたい人がいっぱいのところと多くないところがありますが、多いからといって技術的に優れているとは言えないものです。ただ予約制になっているところはそれなりに理由があるものなのです。治療までの待っている間を少なくし、なるべく利用者が決まった時間に治療を受けることができるようにするためです。
予約を行った時間帯には利用者の数を多くしていないために、待つ時間が少なくなります。逆に予約制を行っていない歯科になると、患者さんにとって都合のいい時間帯に集中しがちになります。こうなると待ち時間がとても長くなってしまい、患者さんへの精神的な負担が大きくなってしまいます。そのため、予約制を選択している歯科の方が同じ時間帯に待っている人でいっぱいになることを避けるように配慮がされており、良心的だと言えるでしょう。歯科選びでは予約制の方が望ましいと言えます。

予約でいっぱいなのはそれだけ信頼されている

予約制を採用している歯科では、そうではない歯科に比べて患者さんが集中して待ち時間が長くなることを避けられるものですが、中には利用者でいっぱいになっている歯科もあります。歯科の方では患者さんを多く確保しないといけないため、予約する形にも関わらず患者さんがいっぱいになっていると思われがちです。しかし人気のある歯科の場合、単に予約制なのに患者さんがいっぱいに見える場合もあります。それは全体的に利用者を多く抱えている人気のある歯科の場合です。あまりにも人気と信頼があって利用者が多い場合、予約制にしてもどうしてもいっぱいになってしまう場合があります。また雑な治療ではなく、丁寧に治療を行うために、短時間で患者さんの対応を行わないため、待っている患者さんも必然的に多くなってしまうのです。単に雑に治療を行う予約制の歯科医ならどんどん患者さんの対応をするために待ち時間はないことでしょう。ですから予約でいっぱいになっているからといってその歯科が必ずしも悪いとは言い切れないものです。

対応がしっかりしている歯科は予約が多い

歯科は1人当たりの患者さんの治療時間が決まっているわけではありません。治療内容によっては時間がかかってしまいますから、一概に治療時間を決めることはできません。そのため予約が多い歯科で、さらに患者さんが殺到しているように見えることもあるのです。丁寧に治療を行い、説明などもきちんと行うような良心的な歯科はどうしても予約制でも治療に時間がかかってしまいます。このため、患者さんが多くても悪い歯科だとは言い切れないものです。

信頼できるかどうかはやはり治療を行う歯科医の技術や価格などが基準となってきます。しかし予約がいっぱいな歯科はそれではリピーターの数も多く信頼できる歯科と言えるでしょう。
歯科予約のスグヤク歯科でも信頼できる歯科が見つかるのでこちらからチェックしてみるのが良いではないでしょうか?
∟歯科予約のスグヤク歯科

Continue reading: 予約がいっぱいの歯科は信頼できる?

予約がいっぱいの人気の歯科医は時間帯をズラす

病院に通うというのはどうしても足取りが重くなります。待合室はいつも満席で、自分の診察順になるまでかなり長時間待たされた上、診察が終わった後の会計でもまた待たされます。それが虫歯治療の歯科医であれば尚更何度も通院することになるので、本当に面倒です。しかも、帰りには「次回はいつになさいますか?」と受付の人が聞いてくれますが、決まってその時間は予約がいっぱいと言った回答が帰ってきます。

夜間・土日診療がある歯医者さん

最近は平日でも夜間まで診察をしてくれる歯医者さんや、土日など休日でも対応してもらえる歯科医が増えてきました。これは仕事を持っている多くの社会人にとっても嬉しいことです。もちろん平日には学校のある生徒にとっても平日の昼間以外に歯科医にかかれるのはよいことです。

ですが、ほとんど人が平日の昼間は学校や仕事があるため、どうしてもこの時間帯をずらした夜間や休日に予約が集中していっぱいになります。ですから、仮に予約が取れても閉院間際の遅い時間帯だったり、痛いのを我慢してもう一日先送りしたりといったことが起こります。

平日昼間は逆に狙い目

ですが、逆に言えば平日の昼間は結構人気の歯医者さんでも予約が取れる可能性が高まります。待合室の顔ぶれは主婦の方やお年寄りが多く、サラリーマンやOLさんの姿はグッと減り、待合室で順番を呼ばれるまでに待たされる時間もかなり短くなるようです。

たとえ予約がしてあっても、患者さん自体が多ければ当然予約していた時間にすぐ診察をしてもらえないことも。しかし待ち時間が少なければ、例えば仕事中に会社を抜け出したり、早退をお願いするにしても、時間を最小限に抑えることも出来てきます。

受付の人に空いている時間を確認

とは言っても、平日であってもその歯科が休日だった日の翌日などは、かなりの人が押し寄せている場合があります。こういったことも考慮して、受付の人に何曜日の何時ころが一番空いているか教えてもらって、その時間に予約を入れるといった方法が効率的です。

誰でも仕事を抜け出したり、学校を早退したりはしたくないでしょう。でも予約がいっぱいの歯科に掛かるには、時間をズラして患者さんの少ない時間を狙うというのも一つの方法です。

Continue reading: 予約がいっぱいの人気の歯科医は時間帯をズラす

インターネットで予約がいっぱいの歯科を回避する

インターネットの普及で本当に暮らしが便利になりました。自宅のリビングでくつろぎながら、あるいは電車に揺られながらでもパソコンやスマートフォンがあれば、お気に入りの洋服や、全国各地の人気グルメなどが手に入ります。しかも、近所の実店舗で購入するよりも色柄が豊富だったり、価格が安かったりします。

確かにショッピングは自分の目で確かめて、あるいは試着したり、試食したりして購入するところに楽しさがあるのも事実です。ですが、場合によっては時間や交通費の節約できるネット予約は非常に便利です。

歯医者の予約もネットでできる!

そのインターネット予約が最近では歯科医院でも出来るようになってきました。歯医者さんは一度治療を始めると何度も通院が必要です。ですから大半はその場で次回の予約を取ってくると思います。しかし初診の時は直接出向いて行って、長い時間を待合室で待たされるということになります。

であれば、どうしても我慢できない痛みでなければ、ネットで予約して待ち時間無しで診察してもらいたくありませんか。ネットであればその歯科医院の診療方法や診療時間も調べることが出来ます。17:00で終了する歯医者さんもあれば、20:00以降でも受付OKな歯医者さんもあります。

ネットの方がさまざまな条件で探せる

また自宅付近に複数の歯科医院があるような立地であれば、敢えて予約がいっぱいの歯医者さんを回避して、別の歯科医院を選んだり、勤務している会社の近くの歯科医院を選ぶということも可能です。

また直接歯科医院の受付で入れてきた予約が、仕事の都合などで変更したい場合でもネットを使えば、わざわざ歯医者さんまで出向いて予約変更しなくても済みます。

また24時間、いつでもどこでも予約できるので、もしかすると予約でいっぱいだった歯科医院にキャンセルが出来て、自分が割り込める可能性もあります。
その他、急に残業がなくなったので、今日の帰りに治療に寄っていきたいといった場合でも、空きがあれば当日予約が可能な歯科医院も結構あります。

これらネット予約の利便性を活かして、虫歯が悪化しないうちに早めの治療を心がけたいですね。

Continue reading: インターネットで予約がいっぱいの歯科を回避する

予約がいっぱいでも出来れば無痛歯科を選びたい

歯医者さんと言えば、虫歯をガリガリと削られて、なんだか口の中に針のようなものを入れられたり、虫歯で腫れ上がった歯茎に麻酔の注射をされたりと、痛いとか怖いといったイメージがあります。実際にこれまでの歯医者さんは、と言うよりも現在でも大部分の歯医者さんは従来通りの痛い治療方法で直してくれます。

最近は無痛歯科が増えてきている

でも最近は、麻酔の注射をする前に、その注射が痛くないように予め腫れている歯茎に塗るジェル状の麻酔薬や、虫歯になっている歯を削らずに、薬液で少しずつ溶かしながら治すといった、痛くない治療方法を取り入れた無痛歯科が増えてきています。

そう聞いたら、あなたなら痛い歯医者さんと、痛くない歯医者さんのどちらを好みますか?
はい!答えは聞くまでもなく痛くない歯医者さんですよね。
しかし、まだこの治療法は全ての歯医者さんに普及している訳ではなく、実際には従来通り虫歯を機械で削って、その都度神経に触って激痛が走るような治療法の歯医者さんも存在します。

予約が取りにくくても無痛で直したい!

そうなると当然ですが、痛くない方の歯科医院のほうが予約はいつもいっぱいです。いくら無痛で治療してもらえると分かっていても、予約すらいっぱいで取れなければ、しばらく虫歯の痛みと付き合うことになります。治療の痛みを取るか、虫歯そのものの痛みを我慢するかで心の葛藤があるかもしれません。

でも歯の痛みがある上に、更に歯科医で痛い思いをしなければいけないのなら、私であれば無痛の歯科医院を選びます。もしかすると予約でいっぱいの歯科医院であっても、虫歯でほっぺを真っ赤に腫らした状態で訪ねたら、他の予約の患者さんをあとに回してでも、優先して治療してもらえるかもしれません。

夜間・休日診療のところもある

しかし、最近は無痛の治療だけでなく、夜間診療や休日診療を行ってくれる歯科医院も増えてきているので、出来ればほっぺが赤く腫れ上がる前に、早め早めに治療に行きたいものです。ひどい痛みを感じる前であれば、多少予約がいっぱいで、治療日が先延ばしになっても我慢できるので、無痛治療の歯科医院に追院することが出来ます。
どんな病気にも言えることですが、早期発見・早期治療が原則ですよね。

Continue reading: 予約がいっぱいでも出来れば無痛歯科を選びたい

予約がいっぱいの歯科は技術が確か?

いつも予約でいっぱいの歯科医院は人気が高い。これはある程度間違いないと思います。

例えばどんな歯科医院が人気なの?

それは、

・駅前などのアクセスの良い好立地に開業している。
・郊外で広い駐車場が確保されている。
・夜間や休日の診療にも対応してくれる。
・診察前の説明がていねいで分かりやすい。
・虫歯を削らないなどの最新の痛くない治療方法を取り入れている。
・自分の希望する時間に予約が取りやすい。

などなど、こういった歯科医院は人気が高いと言えそうです。であれば、やはりその歯医者さんは技術も確かで、他の歯科医院よりも早く虫歯を治してくれたり、虫歯の再発を防止してくれたりするのでしょうか?

人気が高いということは、それだけ多くの人の口コミ評価も高く、ある程度は技術が確かということが言えそうです。いくら立地の良い場所にあって、いつでも好きな時間に予約が取れるような歯医者さんでも、いわゆる『ヤブ医者』では患者さんもやって来ないはずです。

予約の取りやすさだけでなく口コミの確認をしよう

しかし、いくつかの歯科医院に実際に自分がかかってみて、比べてみないと良い悪いの判断はできません。夜間や休日にも対応してくれ、比較的予約も取りやすく、看板には無痛治療が謳われていても、実際には周囲に名医と呼ばれる歯科医がいて、そちらに多くの患者さんが行くので予約が取りやすかったり、治療法自体は無痛の方法でも、少し乱暴な歯医者さんで神経に障りまくるようでは痛みを感じます。

ですから予約を取る前にインターネット上の口コミや評判など、実際にその歯科医院を受診された人の生の声を確認してみるのが賢明です。予約が空いていても、あまり評判の良くない歯医者さんは敬遠するか、確かな技術で人気も高いが、予約がいつもいっぱいの歯医者さんを諦めるか。何処かで妥協点を見つけなければなりません。

ただ一度その歯医者さんに通院し始めると、なかなか途中で違う歯科医院に乗り換えて治療を続けるというのは出来にくいものです。予約がいっぱいの歯医者さんにはいっぱいになるだけの理由が、また逆に予約が少ない歯医者さんにはそれなりの訳があるのかも知れないので、ある意味予約状況も歯科医を選ぶ時にバロメーターになるかもしれませんね。

Continue reading: 予約がいっぱいの歯科は技術が確か?

夜間や休日に予約がいっぱいの歯科でも平日は大丈夫?

近年、歯ブラシや歯磨き粉、デンタルフロスといったお口の中の環境を整える製品が良くなり、虫歯で苦しむ人の割合も以前に比べれば減ってきている様に思われます。それでも休日や、平日の夜間といったお勤めの人が通いやすい時間帯の歯医者さんは予約でいっぱいです。みなさん誰でも考えることは同じで仕方がありません。

例えば朝の通勤ラッシュでも、少し時間をズラせば比較的乗車率も緩和されると分かっていても、中々早起きが出来ないなどの理由で、いつもの時間帯の電車に無理やり押し込まれて乗車してしまいます。

夜間・休日診療よりは平日昼間の診療がベター

歯医者さんの予約も同じで、夜間や休日は予約でいっぱいと分かっていても、やはりその時間帯を狙って予約を入れようとしてしまいます。では平日の昼間であれば大丈夫なのか?

それはその歯医者さんの立地や診療方針などによっても変わってくるので、一概には言えませんが、やはり休日や夜間といった予約が集中する時間帯に比べればマシなようです。

歯科の立地などによっては注意が必要

駅前やオフィス街の中心など、仕事を持つサラリーマンやOLさんが、仕事の合間にでも短い時間で抜け出せるような立地の歯科は、平日でも予約がいっぱいになっている場合があります。

また近年急速に普及してきた無痛治療といった、従来の『歯医者さんは痛い』というイメージを払拭した歯科医は人気で、こういった診療をしてくださる歯医者さんも、例え平日の昼間であっても予約が取りづらい場合もあります。

更に、その町に歯医者さんが1軒しかないといった環境の場合も、もしかすると予約がいっぱいになっているかもしれませんね。

受付でおすすめの時間帯を聞いてみよう

誰でも自分の生活リズムや仕事の都合、更には虫歯の進行具合や治療の進み具合などで、出来るだけ自分の希望にあった時間帯や曜日で予約を取りたいものです。それでも予約がいっぱいで希望通りにいかない場合は、受付で比較的予約の少ないおすすめの時間帯を聞いてみるといいでしょう。
無理に混雑した時間に予約するよりも、患者さんの少なそうな時間に予約を取った方が待ち時間なども少なく、仕事に穴を開ける時間も少なくて済むかもしれませんよ。

Continue reading: 夜間や休日に予約がいっぱいの歯科でも平日は大丈夫?

歯科を選ぶときのポイント

今ではコンビニよりもたくさんあると言われる歯科ですが、中には技術的に信頼できない医院もあるでしょう。その中でいかに信頼できる歯科医院を探すかが重要です。実際にどのように歯科を選んだらいいのでしょうか。その方法についてご紹介します。

治療の技術が信頼できる歯科が安心

正しい歯科選びでは、まず何よりも治療の技術がいいことがポイントです。虫歯の治療や抜歯など、きちんと治療を行い、不要なことまで行わない歯科を見つけなければなりません。歯は削ってしまうと再生することはできません。無駄に削ってしまうともとには戻らないものです。ですから治療で必要な部分だけ削るような歯科は信頼できます。また治療上痛みが発生する場合があります。特に歯の治療の際には痛みが出てきます。治療時に麻酔をすることがありますが、その麻酔も上手な歯科医なら痛みを感じさせないように行うことができます。その点も技術がある歯科医かどうかを判断する点となるでしょう。

納得ができる説明をする歯科医は安心

歯科によってはきちんと治療の内容について説明を行ってくれるところがあります。しかし反対に説明を十分に行わず、質問をしても納得できるような回答を出さない歯科医もいます。さらにはあまり質問をすると怒り出すような歯科医も実は存在するものです。利用者の中には遠慮してあまり質問をしないような方もいます。実際にはそういった方も多いものです。しかし信頼できる歯科医なら自分から積極的に説明を行ってくれます。治療方針から、また途中の治療の内容など、患者さんを安心させてあげるために丁寧な説明をする医師も中にはいるものなのです。ですから信頼という点では、説明を十分にしてくれる医師を選ぶことが大切だと言えるでしょう。

価格が良心的な歯科は安心

歯科で患者さんが心配する点は料金ではないでしょうか。治療の中には自由診療のため高額になる内容もあります。そのため料金の点ではとても心配になるものです。ただ中にはきちんと料金に関して説明を行い、また無理に高い治療を勧めない良心的な歯科も多くあります。自分にとって不要な治療を勧めず、保険内で治療を行ってくれるようなところが安心です。もちろん審美的な面で高いプランを選択したほうがいい場合もあります。ただ費用の面で限りもあります。ですから患者さんがすべて保険内で治療を行いたいという希望があれば、それに沿ってきちんと治療を行ってくれるような病院を選択するようにしてください。

Continue reading: 歯科を選ぶときのポイント

定期的に歯科に通うことの必要性

歯科は他の病院とは異なっており、治療が終了したら今後は病院に通う必要がないというものではありません。むしろ定期的に通うことが望まれるものです。なぜ他の病院とは違って定期的に通う必要があるのでしょうか。その点について説明をします。

きちんとブラッシングを家でもすることが大切

歯科では医師が治療を行っていきますが、同時に患者さん側でも努力をしないといけない部分があります。それは正しくブラッシングを行っていくことです。毎日食事をしていると歯垢が歯に付着してしまいます。歯垢には虫歯菌が繁殖しているので、それをブラシで効果的に除去していかなければなりません。毎日虫歯の原因になる歯垢をブラシで除去しなければ虫歯になってしまいます。そのため患者さんはブラッシングを毎日きちんと行っていかなければならないのです。虫歯予防という点については、歯科医師がいくら治療を頑張ってもブラッシングがきちんとできてないと意味がないと言えます。ブラッシングは毎日行いますが、漠然とするのではなく、歯科で指導された正しい方法で実践していかなければなりません。

歯石の付着の有無を歯科でチェック

歯垢がそのままになっているといずれ歯石に変化していきます。歯石は虫歯の原因になりますが、同時に歯周病の原因にもなってしまいます。しかし歯石は自宅でいくらブラッシングをしても除去することはできません。ですから歯石を作らないようにしていく努力が必要です。歯石を作らないように、毎日のブラッシングで完全に歯垢を除去することが大切です。ただ自分では歯石がついているかどうかを自分でチェックすることはできません。これは歯科に行って、歯科医がチェックをしなければわからないものです。ですから虫歯になっていなくても定期的に歯科に通う必要があります。歯科に定期的に行くことで歯石がついていないかどうかを確認することができるのです。特に症状がなくても歯科に行く点では、他の診療科とは異なっている点でしょう。

歯科に行けば虫歯の有無をチェックできる

歯科に定期的に通う目的は、歯石のチェックだけではありません。歯科に行くのは虫歯の有無を確認するためでもあります。特に痛みなどがなくても歯科に行けば早い段階での虫歯を見つけることができます。虫歯が早い段階でわかれば大がかりな治療を歯科で行う必要がありません。削る歯も少なくて済みますし、また治療費も安く済ませることができます。歯科に定期的に行くことはメリットが多いのです。できるだけ頻繁に歯科に行くようにしたいものです。

Continue reading: 定期的に歯科に通うことの必要性

歯科を変えることもときには大切

歯科は非常に数が多いものです。住んでいる地域には数多くの歯科があります。そのためどの歯科がいいのかどうかはわからないものです。今治療を行っている歯科が良くないと判断したら、別の歯科に行くことも必要です。そのあたりはどこで判断すればいいのでしょうか。

治療の内容をきちんと確認する

治療を行っていて中には安心して継続していける場合とこのまま治療を行っていてもいいのだろうかと不安に感じることがあるものです。歯の治療に関しては削っていくとそれを元に戻すことができないので慎重に行っていかなければなりません。信頼できない病院で治療を行えば、無駄に歯を削ったりしてしまい後悔をすることもあり得ます。ですから安心して治療を依頼できるような歯科を選択しなければなりません。また治療をする際に計画をきちんと歯科医に聞いたり、納得できる内容で行っているかを確認しなければなりません。不安があった場合には質問をしていくことも大切です。慎重に治療の経過を確認し、少しでも質問があったあらすぐに歯科医に確認をしなければなりません。

治療に問題がある歯科もある

治療をしていると抜歯をしたり、歯を削ったりする場合があります。技術が高い医師なら痛みを感じさせないように治療を行ってくれるものです。痛みは治療を受ける方にとって負担が大きいものですし、できるだけ痛みを軽減させることも歯科医師の義務と言えます。それに対いて中には痛みを我慢させながら治療を行ったり、無駄に痛みを生じさせるような治療を行う歯科医師も実はいます。そんな医師に治療を任せていては心配になってしまいます。また口腔内の状態が悪化する恐れもあります。しばらく通って治療の内容をじっくりとチェックしていってください。万が一あまりにも治療が荒かったり、痛みが多くなるようなことがあればその歯科医師の技術の低さを疑った方がいいでしょう。

場合によっては歯科を変更することも大切

歯科での治療の際に、痛みを我慢したり治療の内容に不安がある場合があります。そんな時に歯科医に質問をしたりしていくことが大切ですが、信頼できる医師は説明をしてくれるものですが、しっかりとした説明がなかったり態度が変わったりするなど不安になるような言動があれば病院を変更することも大切です。他の病気とは違って歯の場合には元に戻すことができないため、信頼できないと判断したら急いで転院をすることも大切です。安心して治療を依頼することができる歯科に変更することは今後の歯の健康のためにも大切なことです。

Continue reading: 歯科を変えることもときには大切

自分に合った歯科に通うことのメリット

誰もが自分の歯で一生食べていくようにしたいものですが、正しい歯科選びをしないと後悔をしてしまいますし、無駄に抜歯をされてしまうケースもあります。自分に合った歯科に行くことが大切ですが、そのメリットをご紹介します。

無駄に歯を削られる心配がない

間違った歯科選びをしてしまうと無駄に歯を削られたりしてしまいますし、抜歯をする必要がないのに抜歯をされて後悔をしてしまうこともあります。ですから慎重に行わなければなりません。しかしこれほど歯科が多い世の中でどの歯科がいいのかは素人にはよくわからないものです。そのため、ポイントを絞ってチェックをしていかないといけません。まずは虫歯についてですが、虫歯がある部位は削ることはありますが、高速の機械でどんどん削っていくと不要な部分まで削ってしまうことになります。いい歯科医は無駄な部分まで歯を削ることはしません。削る必要がある部分のみを削るのが本来の治療の在り方です。

やたらと抜歯をする歯科医は避ける

虫歯があるからといって抜歯をしてしまうとその後は歯は生えてきません。その場合ブリッジか入れ歯をすることになります。もしくはインプラントを行います。インプラントは高額なので多くの歯科医が作用してきています。インプラントを勧めるために抜歯を行う歯科医もいるほどです。抜歯は最終手段になりますから、できるだけ歯を抜かないように治療を行っていくのが良質な歯科医の姿です。最近の歯科の傾向としてできるだけ自分の歯を残すという方向になっているので、抜歯をしたがる歯科医は疑った方がいいでしょう。また抜歯をすると言われた時にきちんと説明をするように歯科医に伝えなければなりません。納得できる説明ができないような場合、歯科を変える必要があります。

歯槽膿漏に関して知識が深い

歯槽膿漏は多くの方が患っている病気ですが、なかなか完治しにくいものです。それは歯槽膿漏が口腔内だけではなく免疫力なども影響しているからです。食生活なども影響をしていると言われており、総合的に改善をしていくものなのです。ですから歯科医としては単に歯石を除去するといったことだけではなく、様々な治療を行い、また患者さんに歯槽膿漏にならないための指導を適切に行う必要があります。それができる歯科医師は信頼できるといっていいでしょう。歯槽膿漏だからといって抜歯をすぐに行うような歯科医師は信頼できないものです。

Continue reading: 自分に合った歯科に通うことのメリット