予約がいっぱいでも出来れば無痛歯科を選びたい

歯医者さんと言えば、虫歯をガリガリと削られて、なんだか口の中に針のようなものを入れられたり、虫歯で腫れ上がった歯茎に麻酔の注射をされたりと、痛いとか怖いといったイメージがあります。実際にこれまでの歯医者さんは、と言うよりも現在でも大部分の歯医者さんは従来通りの痛い治療方法で直してくれます。

最近は無痛歯科が増えてきている

でも最近は、麻酔の注射をする前に、その注射が痛くないように予め腫れている歯茎に塗るジェル状の麻酔薬や、虫歯になっている歯を削らずに、薬液で少しずつ溶かしながら治すといった、痛くない治療方法を取り入れた無痛歯科が増えてきています。

そう聞いたら、あなたなら痛い歯医者さんと、痛くない歯医者さんのどちらを好みますか?
はい!答えは聞くまでもなく痛くない歯医者さんですよね。
しかし、まだこの治療法は全ての歯医者さんに普及している訳ではなく、実際には従来通り虫歯を機械で削って、その都度神経に触って激痛が走るような治療法の歯医者さんも存在します。

予約が取りにくくても無痛で直したい!

そうなると当然ですが、痛くない方の歯科医院のほうが予約はいつもいっぱいです。いくら無痛で治療してもらえると分かっていても、予約すらいっぱいで取れなければ、しばらく虫歯の痛みと付き合うことになります。治療の痛みを取るか、虫歯そのものの痛みを我慢するかで心の葛藤があるかもしれません。

でも歯の痛みがある上に、更に歯科医で痛い思いをしなければいけないのなら、私であれば無痛の歯科医院を選びます。もしかすると予約でいっぱいの歯科医院であっても、虫歯でほっぺを真っ赤に腫らした状態で訪ねたら、他の予約の患者さんをあとに回してでも、優先して治療してもらえるかもしれません。

夜間・休日診療のところもある

しかし、最近は無痛の治療だけでなく、夜間診療や休日診療を行ってくれる歯科医院も増えてきているので、出来ればほっぺが赤く腫れ上がる前に、早め早めに治療に行きたいものです。ひどい痛みを感じる前であれば、多少予約がいっぱいで、治療日が先延ばしになっても我慢できるので、無痛治療の歯科医院に追院することが出来ます。
どんな病気にも言えることですが、早期発見・早期治療が原則ですよね。